My College Life in Vancouver :UBC ぶろぐ

確かな情報をあなただけに

遂に初のレギュラーメンバ―の登場!: Introduction

こんにちは。

 

留学行ってる女子、インスタで留学アカウント作りがち

 

どうも

このブログの新メンバーのイサムです。

 

生まれはブラジルで、高校はアメリカの寒い州で過ごしていました。

 

現在は、都内の某私立大学に通っています。大学3年生のときに1年間交換留学をして、現在に至ります。

 

なぜ留学をしようと思ったのか?

f:id:makoto6663:20190612200919p:plain


 

俺、留学するわ!!

と友達にいうといつも

 

”なんでやねん。お前英語話せるやろが。”

 

という返しが待っていました。

 

間違いない。

 

僕は生まれてから人生の半分以上を海外で過ごしていました。

 

バリバリの帰国子女だし、純ジャパからどちらかと言えば外人に近い。

 

大学で日本に帰ってきた理由も、“自分の日本人としてのアイデンティティの発掘”としていたくらいです。

 

しかし、日本で単位を履修し、バイトをこなし、飲み会で時間を無為に過ごすうちにふと考えることがありました。

 

わい、なにやってるんやろ

 

と。

 

そんなとき、日本に遊びにきていた高校時代の友人に言われたことがありました。

 

“イサム、アメリカで勉強しようよ!”

 

彼はアメリカのカリフォルニア州にある大学から、アイビリーグへと編入を果たしていました。

 

彼に背中を押され、留学を決意しました。

 

その中でなぜUBCなのか?

f:id:makoto6663:20190612201109j:plain
 

実は、交換留学先として第一志望で出していたのは、もちろん友人がいた某アイビーリーグの大学でした。

 

しかし、世の中はそんな甘くなかった。

 

ミーハーな学生が多い弊校では、アイビリーグの倍率は10倍近くに及びます。もちろん適当なモチベーションしかない私が受かるはずもありません。面接でボロボロにされ、結果、第2志望で、枠も余っていたブリティッシュコロンビア大学に決まったという経緯があります。

 

どちらにせよ留学をしたかったので、不本意ではありましたが、ブリティッシュコロンビア大学に通うことにしました。

 

このブログに参加したきっかけ

 

f:id:makoto6663:20190612201113j:plain

そんな失意で始まった私の交換留学生活ですが、結果として

 

めちゃくちゃ良かった!!!!!!!!

 

さまざまな出会いや経験を通じて、人として一回り成長できた気がします。

(またそれについては書く機会もあるでしょう笑)

 

そこでこのブログを通じて、UBCの魅力や交換留学先としておすすめできる理由を世の中に発信したいなと考えています。